経営セッション

福祉/介護タクシー経営に行き詰まっている方の為のメールセッション

 

 

覚悟を決めて福祉/介護タクシービジネスを起業したものの、売上が一向に上がらず・自分のやっている事が正しいのかどうかも分からず・誰にも相談できずに八方ふさがりの状況に陥ってしまってはいませんか?

 

仕事(予約)に繋がる営業先や効果的なアプローチがわからない

名刺・チラシを配っても一向に予約の問い合わせがない

通院・入退院などの送迎のみでは売り上げが乏しい

タクシー車内や介助中の障がい者/高齢者お客様との接客に不安がある

売上単価の高い観光介護タクシーにシフトすべきか迷っている

送迎契約事業を請け負ったものの、全然儲からない

八方ふさがりの悪状況から一歩が踏み出せなくなった

 

介護タクシーが初めて手掛ける個人ビジネスだ、、という方は少なくありません。これまで開業セッションを受けられた方のほとんどが会社員として勤められていた経験をおもちです。

 

介護タクシービジネスを決心したきっかけも、会社員時代の人間関係などの息苦しさにこのまま押しつぶされ続けるよりは、社会的ハンデを抱えている障がい者高齢者へお役に立ちながら自分らしくビジネスを始めたい・挑戦してみたい という理由が多いものです。

 

しかし、いざビジネスを始めてみると、起業時に思い描いていた理想像とはかけ離れた売り上げの現実に驚くはずです。

「厳しいとは思っていたけどまさかここまでとは……」

 

 

介護タクシービジネスは、その乗客対象者が社会的・身体的ハンデを抱えた人たちであり、そのお客様へ自由度の高い移動を提供して「仕事に・遊びに・社会に」繋げる為の下支えとなる交通機関の一つですから、許可を下す国土交通省としても要件を緩くしており、参入に対してはウェルカム精神です。

 

国土交通省が定めた「移動円滑化の促進に関する方針」の一つに、2020年までに福祉タクシー台数を28.000台に増やす という目標を掲げました。

その空気感の後押しを味方に、全国各地にある〇〇協会・〇〇団体などは「第二の人生の生きがいに介護タクシービジネスは最適!」とか「人に感謝され生きがいとやりがいを手に入れる福祉タクシー事業で自分らしく生きよう!」というキャッチコピーで会員誘致に奮闘されています。

 

介護タクシーを起業する事、協会や団体に属する事は「お金さえ準備すれば」誰でも簡単にできます。

 

 

しかし、その起業時に投じたお金(車両購入費・車いす購入費・名刺チラシ作成費・固定費支払い・加入金etc)を回収して利益を生み出す(稼ぎ続ける)事を忘れてしまい、綱渡りの経営を余儀なくされている事業者は結構多いです。

稼ぐ事は、お客様に支持され、社会に価値を与えている事とイコールです。

 

介護タクシービジネスを起業した貴方は、今、稼ぎ続けられているのでしょうか。

 

 

ビジネス書を読み漁り、独学で営業やインターネットスキルを身に付け、試行錯誤を繰り返す中で失敗も沢山経験し、現状打破の為にコンサルティングでの指導も受け、価値ある情報と判断したなら有料でも購入し、SNS・ブログでの情報発信をコツコツ続け、インプットとアウトプットのサイクルを回し続けながら、おかげさまで月商40万円~50万円を稼げるようになりました。

 

ここまで稼げるとは考えもしないほど、収入の頭打ちのラインを勝手に思い込み・決め込んで・行動と思考の範囲を狭めていたので、この月商に行きつくまでに時間がかかりすぎましたが(苦笑)、実際に辿り着いてみると、この程度の月商で満足してられない/してはならない という思いを強く噛み締めている所です。

 

 

通院送迎・貸切観光・自治体/社会福祉団体の契約送迎事業を請け負い、11年この業界に身を置かせてもらっている私だからこそお伝えできる強みがあります。

 

 

このメールセッションでは、貴方が抱えている経営の悩みや不安を一緒に共有し、解決策や改善策を私が提案し、提案された事を実行に移せたかまでを確認して、6か月間という期間を通じて自力経営の素地を固めていく伴走型コンサルティングスタイルを提供します。

 

 

メールセッション内容と流れ

現在抱えている経営の行き詰まりを具体的に提示してください。

 

例えば、A特別養護老人ホームへ営業に行ったけどそこからの予約依頼がない 交流会で名刺を交換したものの問い合わせが一切ない

など、行動を起こしたものの、成果に繋がっていないという経緯をメールにてお伝えください。

そのあと、解決策改善策を提示します。

 

決意表明だけで終わらない様にそのアクションプランに期限を決めて実際に行動してもらいます。

行動できなかった場合、「何故出来なかったのか」を一緒に考えます。

 

介護タクシービジネスは営業区域の人口規模や地域性、福祉に対する自治体の考え/予算、ライバル同業者数の動きによって起こすべきアクションとやってはならないアクションがあります。そちらのアドバイスも行います。

 

※セッション期間中のメール相談は、週/3回まで とします。無制限ではなく回数に制約を設ける事により、伝えたい事が伝わるように情報の整理と構成を考えるようになり、回数が限られているからこそ質を意識した行動へと直結します。

 

介護タクシーめぐりとの伴走経営セッション期間は6か月です。

半年間、経営向上のために一緒に走り抜けます、頑張りましょう。

 

メールセッション料金

月/¥10,000 ×6か月間 = ¥60,000(税込)

※弊社指定口座へお振込みください

※分割払いにも対応します。初月¥10,000をお振込みいただき1か月期間中に成果が得られそうな回答や価値ある情報提供と感じられなかったなら初月で解約もOKです。

 

 

こんな人はメールセッションをお断りします

 

  • メールより電話・対面で伝えた方が早いと思っている方
  • どうしたら相手に伝わるか というポイントに意識と時間をさけない方
  • ガラケーの方
  • 言われた事を素直に実行できない方
  • 言われた事だけを実行すれば売上増だと思っている方
  • 自立と依存の違いがわからない方
  • セッション料金を回収して利益につなげる意識と意地がない方
  • 自分の力で考え抜く事より答えを直ぐ求めたがる人

 

 

 

こんな方がメールセッション対象者です

 

月商が10~20万前後の方

営業・販促物(名刺/チラシ)・収入経路について新たな視点が欲しい方

対面営業からの集客に合わせてウェブ集客を真剣に検討している

独学で切り開くよりも先発組のノウハウを取り入れて成果への最短ロードを手に入れたい方

 

 

セッション期間中で見込める効果

  • 同業者に負けない販促物(名刺・チラシ・リーフレット)の構成が自力で作れるようになります
  • 予約に繋がる営業スキルが身に付きます
  • バリアフリー観光に求めているお客様ニーズと情報発信のノウハウが学べます
  • 通学送迎とタクシー運行のマッチングを狙って定期収入が見込めます
  • SNS・インターネットを活用したお客様のニーズの掘り出し方がわかります
  • ワードプレス(ブログコンテンツ)によるweb集客の立ち上げ/SEO基礎が学べます

 

 

本気で経営を立て直したい方のみお申し込みください。

申し込みはこちら