開業への心がまえ

開業への心がまえ

【備えて良かった!】介護タクシー事業で出番が少なくても必ず役立つ福祉機材をご紹介

介護タクシー経営において毎日使わないけれど備えておけば障がい者高齢者にも喜ばれて乗務員自身がラクになれる機材があります。長期的な経営ではキーパーソンから頼れる事業者だというPRの為に機材充実が求められるのです。
開業への心がまえ

【2019総括】現役介護タクシー乗務員がおススメする福祉車両は80ヴォクシーZSで決まりだ

2018年12月(総走行距離12,000㌔)からこの相方と沖縄県内を走り回り、数々の車いすユーザーとの思い出運行を共有し、このブログ執筆時点において総走行距離70,000㌔を超えています。 購入してみて、そして、所有か...
開業への心がまえ

介護タクシー協会に加入しても安定的な売上など保障されないと肝に銘じよ

沖縄県福祉介護タクシー組合に加入していた当初、月8000円の会費を支払っていても、配車予約が回ってくることは3か月に1回あるかないかというものでした。 はっきり言ってバカらしかったです(苦笑 というか、組合に加入したがゆ...
開業への心がまえ

売り上げが一日1000円でも貴方は介護タクシーを開業したいと思うのか。

経営は合理的に効率的に仕組化することも大事なのですが介護タクシーにおいては売上数字だけにとらわれると障がい者がハンデを乗り越えようと奮起する瞬間に立ち会えません。それは稼ぐ瞬間をも超える感動の熱量なのです。
開業への心がまえ

24時間対応介護タクシーを掲げることには覚悟と責任がともなう理由

救急搬送後、車いすユーザーが自宅/施設へ戻るには介護タクシーしか対応できる交通機関はありません。視界の悪い道路でお客様の安全をまもりビジネスとして成立させるは支持人口をわりだし覚悟と責任を心に刻む必要があります。
開業への心がまえ

福祉タクシー開業者は協会・組合に依存するくらいなら加入すべきではない

コミュニティに属することは安心感とつながりと他者からの信頼を生みやすい土壌があります。介護タクシービジネスに関しては必ずしも必要とはいえない背景があります。キーワードは自立です。
開業への心がまえ

福祉/介護タクシー開業者が知っておくべきこのビジネスの真実

福祉タクシーを開業するなら予算・車両選び・タクシー許可申請・車椅子選びなどやるべきことが沢山です。それらも重要ですがどの地域でスタート?/間接競合は?を調べつつ介護保険タクシーの仕組みも知っておく必要があります。