介護タクシー開業/経営をラクにするおすすめオンラインツールとシステムをご紹介

開業への心がまえ

介護タクシー開業予定の方や現在経営中の代表者に口をすっぱくしてお伝えしたいのが、

介護タクシーめぐり
介護タクシーめぐり

長期的経営をのぞむなら、事務/経理作業をおろそかにするな

ということです。

 

誤解をおそれずに言えば、開業セッションを受けた人たちの人生背景を伺う中で、勤務先で与えられた仕事だけを全うするのみで、事務作業や経理に携わってきた方はほとんどいなかったように思えます。
※そう簡単に関われない事情があることも承知しております

 

また、介護タクシー組合に属していた時の、私もふくめた組合員の経営姿勢を振り返ると、運行と介助と会議参加に意識がもっていかれて「会計・経理の知識/実践」がおろそかになっていたよなぁと反省したものです。

 

運行と介助だけ安全にこなせばいいでしょ、という印象だったんですね。

 

個人事業主の形態が多い介護タクシーでは、経営者であり乗務員でもある代表者自身が、経理・会計作業を行わねばならないと考えています。

 

なぜなら、

◆お客様から頂いた料金を売り上げ計上して
◆新規のお客様がどの経路(チラシ/WEB/口コミ)からやってきたのかを把握して
◆リピーターは今月何組だったかを調べて
◆経費はいくらかかったのかをデータ表に打ち込んで
◆確定申告前に予測される今期売上見込みをたてて

納税に対する備えをもっておかないと、お金の流れを肌感覚で得ることは出来ないからです。

 

 

お金の出入りをキチンと数字で可視化して把握して、どんぶり勘定経営は止めておきましょうということですね。数字の流れを把握しておくことは、現金が足りなくて事業が立ちいかなくなった時の融資獲得に役立ちます。

 

銀行員や金融機関からお金を融通してもらうには〝実績数字で語らねばならない〟からです。

 

令和の介護タクシー経営も、事務/経理をおろそかにしてはならない!というお話をさせていただきます。

介護タクシー経営規模くらいで事務作業を人に任せるのがそもそも間違い

一概に介護タクシーはこうだ と断言はしませんけれども、一人/1台の運行体制を整える個人事業者が全国的大半を占めるでしょう。都心部は地方にくらべて人口密度が高く、そのぶん、障碍者高齢者も多いですから1事業者/3~5台もあるかと思います。

 

1日8時間勤務としても、みっちり乗客に向き合っている時間(運行/介助)は3時間もないでしょう。県をまたぐ民間救急タクシーはのぞきます。

 

つまり、あとの5時間はヒマな時間なわけですあえてそう言いました

また、毎日予約がみっちり詰まっている ということもそんなに無いでしょう。

 

この空き時間につかれた身体を休めたり、営業訪問や次の乗客のお迎え先までの移動時間にあてたりするのですが、この空白時間を活用すれば、事務作業に取り組めるはずです。

 

Wi-Fi環境が整っているカフェなりに足を運んでノートパソコン開けば先月分の売上/経費を会計ソフトに打ち込むことができます。

 

通院目的のお客様をAM10:00に病院へ下ろしたあと、営業所にいったん戻ろうかな… と悩むときありますよね?近くのWi-Fiファストフード店でも探して、頼まれていた見積書をサクッと作っちゃいましょう。新たな出逢いにつながるブログ発信もコツコツやっておきます。

 

作成中や執筆中にお迎えコールかかってくれば迅速にお客様を出迎えられるし、ガソリン代も節約できて一石三鳥です。

 

1日当たりの乗務回数が一般タクシーよりも少ない介護タクシー運行で、待機時間や空白時間の活用次第で、事務員を雇わずに・アルバイト代支払わずに経営者自身が事務作業を進めることは十分可能なわけです。

 

苦手な事(オンライン)を苦手なままにすれば経営(人生)は立ち行かなくなる

お客様運行を通して痛感させられたお話をしましょう。

 

車椅子ユーザーとなられた女性は、ある会計事務所の事務員でした。パソコンを使って売上/経費を打ち込んだり、顧客管理のデータを記したり、領収書整理や金融機関への振り込みうんぬんの細やかな作業で事務所を支えていたわけです。

 

しかし、突然倒れてしまい、車いす生活を余儀なくされました。しかも認知症を抱えられたので、金銭管理や数字の打ち込みを任せることはできません。

 

ここで、会計士の旦那様は突如として経営につまづいてしまった。

 

書類作成・顧客管理・金融機関での諸手続きなどのいわゆるめんどくさい事務作業は、奥様にほとんど任せていたのです。風のうわさでは営業停止を余儀なくされたようなのです。

 

また新たに雇えばいいんじゃないの?

 

確かにその選択肢もありですが、人を雇えば当然人件費はかかりますし、雇い入れるまでの広告コストも必要ですし、雇い続けることの現実と向き合わざるを得なくなる。ガンガン儲かっているならそれも良しなんですが。

 

パソコンの取り扱い操作が分からないという人は、地域のパソコン講座に参加したりお金を払ってパソコン教室で学ぶ選択肢もあります。「時間がない」は理由になりません。

 

実際、私はパソコン教室に何度も足を運びんで教えを請い、少しずつオンラインツールに慣れていきました、照屋さんほんとうにありがとうございました。

 

話を戻して、いかに固定費(人件費)をかけずにサービス提供と事務作業の両立ができるか?という思考を捨てなければ、その応え(手段)はグーグルにいくらでも転がっていて見つけられるものですよ。

検索作業そのものは無料ですしね。

オンラインツールとノウハウの綜合デパート Google海をググりまくれ

ものすごく自覚ありますけれども、私は、稼ぐ力がまだまだ未熟です。ここに磨きをかけなければと今でも思う次第です。

 

ただ、経営を守る力というか、長期的経営を成していくための情報収集と備えに関してはしっかりやってきたので、何とか14年以上も続けられてきたのだと実感しています。

 

良くも悪くも、私は基本的に「人の力を安易に頼らずに出来る手段はないのか」という思考の持ち主です。ですから、まずググることは人生をより良く過ごすためのマストスキルなのです。

 

ググるとは何か。

それは、今抱えている悩みや問題を解決してくれそうな情報/手段をすばやく探し当てる行為に他ならないでしょう。

 

あらゆる専門家や企業が提供しているサービスやオンラインツールがグーグル海には漂っていて、そこには介護タクシー経営の固定費削減と事務作業効率をアップさせるシステムも紛れています。

また、新しい出逢い(売上)につながる情報発信構築のノウハウも必ずそこにあるわけです。

 

 

意識を持ち続けてキーワード検索に趣向と思考をこらし、有益な情報をみつけたら即実践して、つまづきながらも試行錯誤を繰り返してやり続けていくと、苦手なことが出来るようになるんですよ。

 

私の例で言えば、

◆情報発信ツールと運営ノウハウ(WordPress構築のwebサイト/SNS)
◆個人事業者も実質無料で使えるスマホやタブレットでカード決済ツール
◆見積書/請求書等の書類がラクに作成/管理できるツール
◆確定申告をラクにするための会計ソフトやよいの青色申告オンライン
はググって見つけましたし、
■動画編集 無料ソフト(aviutl)
■画像編集 無料ソフト(Photo scapeX)
よろず支援拠点(経営者のための駆け込み寺)
■小規模企業共済(個人事業主の退職金)
■セーフティ共済(貸し倒れ防止)
もググって探し当てました。
スキルや仕組みを理解できるまでに、禿げるくらいのストレス抱えながら遠回りしましたが、安易に人に頼らずに人を雇わずにまず自分自身で出来ないか?という基本思考と実践が、 固定費を抑えて 情報発信スキルを向上させ 節税に確実につながっていると感じています。
遠回りが近道…って誰かが言ってましたよね。
めんどくさいことが楽しいんだよ
遊びの天才:所ジョージ氏の格言ですが、私なりの解釈を加えると、
「楽しいと感じるまでにツラいけどそこまで踏ん張れよ」ということなんだと思うわけです。
今回のコロナ騒動を受けて、人を雇い続けて事業を成していくことの難しさを、我々は痛感したわけです。
介護タクシー経営にとっても例外ではありません。苦手なことを苦手なままにしないで、まずは、トライしてみようじゃありませんか。

介護タクシーめぐり的 おススメ オンラインツールと税理士検索システム

ここから紹介するツールは私が現在も使用中のものや、類似性の高いツールも併せて紹介しています。どちらも顧客満足度や経営効率を高めていると実感できるものです。

これらのツールはオンラインに苦手な人たちが少しでも使いやすいように便利なように仕組み化されたもので、実際に使ってみると、その利便性に驚くことでしょう。

 

参考にしてもらえればうれしいです。

 

個人事業主と介護タクシー開業者の味方 クレジット決済ツール 「square」

今回のコロナ蔓延を受けて、手垢にまみれた小銭/お札での現金収受が危険だということを痛感したはずです。ましてや、受け渡しに時間もかかりますし。
近々電子マネー(楽天Edyなど)決済も視野に入れているsquareなら、お客様はポイント還元をゲットしながらサッと決済できるのでおトクしかありません。
固定費無料・決済機導入も実質無料で、こちらが負担するのは決済額に対して3.25%手数料だけです。備えて損はありません、実際、クレジットカードで支払いたいお客様はいるので。
車内ポケットにコンパクト収納で邪魔にもならないので、まずはのぞいてみてください。

個人事業主でもOK!事業の業種、形態、規模、または法人・個人にかかわらず、カード決済が導入できます!

Misocaでサクッと見積書・請求書・納品書が作成できる!

Misoca(みそか)の何がラクって、見積書や請求書を一度も作ったことのない人でも、定められた項目欄に数字や会社情報を記入していけば自動計算してくれて、あっという間に体裁の整った書類が出来上るところです。

 

枠線引っ張ったり、電卓たたいて計算しなくてもいいんですね(笑) まぁ、数字の確認は必要ですけれども。

 

そして、見積書に打ち込んだ数字・テキストは、自動的に納品書/請求書 注文書/注文請書に転用されるのでめっちゃ効率よく書類が作れます。

 

また、オンラインで作成終了した書類をすぐに

  • 郵送代行(1通¥160)
  • メール送信

することができます。

 

介護タクシーめぐり
介護タクシーめぐり

サザエ この見積書、郵便ポストに入れてきて

なんて面倒を頼む必要がありませんね。郵便代行があるのには私もびっくりしました。

数年前に認知症の方の送迎料金請求で行政書士事務所への郵便代行を使いましたけれど、しっかり口座に振り込まれておりましたよ。

 

月あたり5通までが無料プランの範囲です。

介護タクシー経営くらいでしたら、無料プランで十分ではないでしょうか。

 

有料プランをサクッと説明しますと、

■月当たり15通までの「プラン15」で毎月¥800
■月当たり100通までの「プラン100」で毎月¥3,000
※どちらも1年間無料 電話/メールサポート付き

です。

事務員雇うより、オンラインスキル手に入れた方が固定費超圧縮ですよね。

無料で使える クラウド請求書・見積書・納品書管理サービス Misoca(みそか)

やよいの青色申告オンラインなら確定申告で税務署の冷たいパイプ椅子に座る必要なし

個人事業主やフリーランスが年度末の3月に近くなると

やべぇ、領収書整理ぜんぜんやってないし、収入/支出の計算してねぇや

という嘆きの声を毎年聞いておりますけれども、毎月・月末に集中して領収書整理や売上/経費の数字を会計ソフトに打ち込んでおかないから、年度末にバタバタするわけです。

 

めんどくさいことを先延ばしにして良かったなぁ、と実感したことが私にはありません。

 

やよいの青色申告オンライン会計ソフトなら、売上/経費の数字を打ち込んでいけば、自動的に計算してくれて、毎月の収入・支出と売上に対しての経費構成比などが一発でつかめるように配慮されています。

ガソリン代が何%とか、交際費今月使いすぎじゃねぇ?みたいな驚きも数字がわかりやすく伝えてくれます。

 

これらの打ち込み作業を毎月しっかりやっていれば、年度末に慌てず、むしろ1月の閑散期に確定申告できるようになるでしょう。いまは税務署に出向かなくても、パソコン上からオンライン申告できるのでさらにラクです。

個人事業主ならやよいの青色申告オンラインを選びましょう。

 

小規模法人なら下記の弥生のオンラインがおススメです。画像バナーをクリックすると申し込みページに飛びます。



余談ですが、確定申告には「白色申告」と「青色申告」の2種類があるのですが、青色申告を選ぶようにしてください。複式簿記の入力ルールに沿った申告をするだけで65万控除が受けられます。

 

会計ソフトfreeeとスマホでサクッと確定申告完了

やよいの青色申告オンラインも便利なんですが、こちらの会計ソフトfreeeもおススメです。

  • 事業に使ったレシートをスマホカメラで撮影したら自動的に会計ソフトに連動・自動集計
  • スマホから会計入力が可能
  • 銀行・クレジットカード情報を会計ソフトと紐づけて入力作業をさらに効率化

 

極力パソコン画面に向き合わずに確定申告までに費やす時間を短縮できるように配慮されているのが魅力です。

 

経営をラクにするfreeeは他にも、

◆5分で作成 個人事業主のための開業書類
◆請求書・見積書・経費精算などの書類作成

などの機能が備わっているので、事務作業の効率化がいっそう図れますね。

 

やよいの青色申告との違いは、freeeに対応する税理士さんがいくぶん多いというところでしょうか。

100万人ユーザー突破の支持数からもおススメできる会計ソフトです。アカウント登録後 最大30日間無料で使えます。

 

毎月¥2620の負担だけで、事務員を雇わずに外出先からサクッと入力出来て、確定申告で3時間以上も待たされずに済むわけですからコスパに優れたオンラインツールだと断言できます。

個人事業主の確定申告をラクにする会計ソフトfreee

 

税理士紹介サービス〝税理士ドットコム〟で健全な経営と節税対策を介護タクシーにも

 

書籍を手に入れてもグーグル検索しまくってみても、どうしても分からない会計の問題にぶつかる時が必ずきます。

介護タクシーめぐり
介護タクシーめぐり

このお金は会議費なの?それとも交際費なの?

とか

介護タクシーめぐり
介護タクシーめぐり

キャッシュレス還元で戻ってきたお金はどのように仕訳けたらいいの?

 

介護タクシーめぐり
介護タクシーめぐり

自治体からの契約事業の入金処理は売掛金と買掛金どちらで仕訳けたらいいの?

とかですね。

 

他業種の経営者と向き合い続ける税務の専門家・税理士に何かあれば相談できる〝場所〟があるのはとても心強いものです。

 

この安心感を確保しておきましょう。

 

合同会社を経営している私は今現在も、会計ソフトの打ち込み(仕訳の解釈)が間違っていないかのチェックを、信頼ある税理士にお願いしています。

 

税理士をお探しなら、下記の一括検索サイトを参考にしてみてください。

 

個人事業から法人成りして増車増員の介護タクシー事業者なら経理作業の雑務に追われていて決算申告が不安なはずです。

今、仕訳けている勘定科目が正しいのか否か、税理士の知識・ノウハウで助けてもらわないと健全な経営と確定申告がむずかしくなりますよ。

税理士ドットコム 

無料で全国から最適な税理士を一括検索できる!”

あわせてすすめたい 簿記知識を深める本

会計ソフトに数字を打ち込む前に、税理士に決算申告作業を丸投げする前に、介護タクシー経営者自身も勘定科目とか仕訳けなどの簿記基礎知識を勉強しておかないといけません。

交際費とか売掛金とか減価償却費とか現金出納とかの用語と意味などですね。

 

全く知識がない状態で会計ソフトをさわってしまうと、意味が分からなさ過ぎて挫折してしまいます。簿記3級レベルの基礎知識くらいは、事業を経営する代表者はぜったいに勉強しておくべきです。

 

もちろん、グーグル海にもその知識は漂っているのですが、手元の書籍でいつでも見返せる安心感も用意しておきましょう。

はじめての人の簿記入門塾―まずはこの本から!
Amazonで浜田 勝義のはじめての人の簿記入門塾―まずはこの本から!。アマゾンならポイント還元本が多数。浜田 勝義作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またはじめての人の簿記入門塾―まずはこの本から!もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

 

 

営業所に戻る必要なし ノートパソコンHP Pavilion15で外出先でもオンライン作業

HPノートパソコンPAVILION

 

ブログ更新や会計ソフト打ち込み 見積書作成などの事務作業を、〝営業所に戻らないとパソコン作業出来ないから〟先入観からいますぐ抜け出しましょう。

前述したように、外出先の無料Wi-Fi環境整っているカフェやファストフード店でコーヒーしばきながら出来るのですから。

 

また、カラオケBOXにこもれば、SkypeやZOOMつかってオンライン打ち合わせもできますし。あ、もちろん、このHP Pavilion 15-cs3000にもwebカメラ付いていますので安心してください。

 

ノートパソコン1台目購入のコツは、書類作成だけ出来ればいい初心者レベルでもなく、オンラインゲームできる上級者モデルでもなく、どちらにもそこそこ対応出来てサクサク動く中級レベルを選びましょう。

それがHP Pavilion 15-cs3000 です。

 

まとめ

良質な情報やノウハウに最短時間でアクセスできるのも、回数こなしてなんぼです。

情報にアクセス出来たら、それを自分のものにするまでにも時間が必要です。

 

オンラインツール導入から活用までも最初はストレスがある、しかし、活用できてきたなと実感したあたりからのメリットは、ストレスを優に超えます。

早いうちからオンラインシステムに触れる・活用することを強く進めます。

 

たとえ介護タクシーを廃業することになったとしても、そこで得たスキルやノウハウは必ず他分野でも活きるからです。オンライン活用なくして人生が成り立たないくらいに時代は急速に進んでいますので。

コメント